FC2ブログ

  • Day:2015.02.14 20:18
  • Cat:鉛筆


harukaze



「春風」




米津玄師さんの、「花に嵐」という曲が好きで、イメージして描きました。



曲の子の、その後。笑っていてほしい。




米津さん、大好きです。






○ ○ ○




雪が、また降っていますね。




さむい。




いま、削ぎ落としながら、見つけていってる感じです。




自分だけの、流れを。




本質に還れる流れを、見つけるために、



目を背けていたこと、必要なものと向き合い、



体を、整えています。






新しく何かを変える、というより、


削ぎ落とすことで、埋もれていたものを、拾っています。





体の状態が不安定だと、

むずむずしたり、落ち着かなかったり、



思うように動けないから、気持ちが塞ぐし、

頭の回転も遅くなるから、考えや言葉が、浅はかになって、


甘んじた行動をして、自己嫌悪したり。





繰り返すことで、人格として蓄積してしまうのが、やっかいなところです。




本当は、きっと違うのに。






「大切なものは、ずっとここにあった。」


という言葉は、真実のようで、



自分と向き合い、自分だけの流れを見つけていくうちに、

欲しかったものは、余計なものに隠れて、傍にあったことに気づきます。




どんどん、シンプルになってゆく。わたしの場合は、そうです。



一日のうち、何時間か訪れる平穏な時間を、すこしずつ、増やしていきたい。








自分のことを、かわいそうだと思わないようにしています。


意識して、というか、本能的に、そう思いたくないようです。




かわいそう、だと思うと、それが、自分の人生のベースになってしまう。



そんなものより、楽しいとか、嬉しいとかを、ベースに生きていきたいです。






外側も内側も、美しくなりたいなぁ。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。