FC2ブログ

いわむロック 出店のお知らせ


【9/14追記・出店日変更のお知らせ】



9月23(日)、24(月・祝)開催の、「いわむロック」へ、

両日出店の予定でしたが、

体調が思わしくないため、23(日)のみ、出店させていただきます。



関係者の皆さま、24日に来場予定だった方、申し訳ありません。。


23(日)、お待ちしております。






○ ○ ○








こんばんは。




お盆も過ぎ、秋らしい日が 多くなってきましたね。


(しばらく また、暑い日も続きそうですが・・・。)





季節の変わり目、体調を崩しやすいときですが、


どうぞ、ご無理なされませんよう・・・。





夏の終わり、秋のはじまり、


ゆっくり、楽しめますように。









○ ○ ○







9月23(日)、24(月・祝)に 開催される、


「いわむロック」へ、


夕芙堂(せきはすどう)として、ポストカード出店させて頂きます。



【出店は、23(日)のみとなります。】






「いわむロックFESTIVAL 2018」





9月23(日)、24(月・祝)


新潟市岩室観光施設 いわむろや/岩室温泉


〒953-0104 新潟県 新潟市西蒲区岩室温泉96番地1


open 10:00、start10:30~close18:00


入場無料



http://iwamurockfestival.com/iwamurock2018/






温泉施設「いわむろや」にて、


アーティストの方々によるライブや、


飲食・物販ブースなどが、開かれる、


なにやら 楽しいことが沢山の、二日間です。





こちらのイベントは、今年で7年目になるのですが、


毎年、アーティストや出店者の方々が、楽しそうに宣伝をしていらっしゃって、



いいなぁ、行ってみたいなぁ、と、思っていました。




今回、参加させていただけて、とても嬉しいです・・・!








あったかくて、素敵なイベントになりそうな予感、

いまから、とても楽しみです。



秋のひとときを 過ごしに、是非、おでかけ下さい。




お待ちしております。










○ ○ ○





夏の盛りの頃、体調を崩していたのもあって、


しばらく 絵を描くのを、お休みしていました。



(以前 調子が悪くなった右耳は、お蔭さまで、無事に治りました。


ご心配を、おかけしました・・・。)






自分と 絵との在り方を、見つめる時期が、


たまに訪れるのですが、


今回のお休みにも、また、ゆっくりと、振り返って 見つめていました。







絵にも限らず、当たり前のことなのですが、


万人に受け入れてもらえるものって、


作ることが、出来ないんですよね。





こころに届く絵を、と思って 描いているのですが、


届くということは、同時に 傷をえぐる、ということも あるわけで、





見る人の持つ、ふれたら痛い部分を、えぐりだしてしまったり、



わたしの絵は、生理的に受け入れられない とか、


わたしが描いているから 嫌、ということも、あると思うんです。





(わたしも、生理的・感覚的に 合わなくて、受け入れられないものが、


たぶん人より多くある ので、そう思ってしまいます。)






誰かを傷つけたり、苛立たせたり、


不快な思いにさせてしまうかも しれないのに、



それでも、届けていい、と思える根拠が分からなくて、



自分の足元が、ぐらぐらと 揺らいだりも、しました。







だけど、これって、



どれだけ 知恵をしぼっても、技を磨いても、



どうしようも出来ないこと、なんですよね。





恵みの雨は、同じ顔をして、時に洪水を巻き起こすし、


あたたかな日差しは、過ぎれば、すべてを焼き尽くしてしまうもの。





どこかで何かを あきらめながら、


正反対のものを、同時に生んでいること、忘れずにいながら、




それだけじゃない、って、信じていたいです。







最近、あらためて、


拙いながらも、この年まで生きてこれたことを、


有難いな、と思っていて、






絵や、生きることで、すこしでも、



周りに還元できたらいいなって、思っています。






わたしが美しいと思うものでしか、返せないけれど、


手のひらから 渡せるものには、限りがあるけれど、



そういうふうに、なれたらいいな、と。






弱くなったら、また 振り返って、


思い出しますね。





それでは。
スポンサーサイト

最近の ことなど


こんばんは。




朝・夕は、少しずつ、過ごしやすい時間が 増えてきましたね。




猛暑や 雨など、各地によって 様々な夏となっていますが、


いかがお過ごしでしょうか・・・。





昼間は、まだまだ 暑いですが、


どうか、夜 眠るときには、ひと息つけています ように・・・。






○ ○ ○




「芙蓉」




芙蓉の花の、季節ですね。




ペンネームにしておいて、お恥ずかしいのですが、


芙蓉の花を、昨年、はじめて見ました。




大きな花、なのですね!






もう少し、やわらかい花のほうが、好きかも・・・と思っていたら、



どうやら、酔芙蓉という花が、あるそうです。






花びらは、やわらかく、淡いピンク色なのですが、



なんと、朝から夕方にかけて、色がだんだんと、濃くなってゆくそうです。





その様子が、お酒を吞んだ 女性の姿に似ていることから、



酔芙蓉、という名前が、付いたそうです。





ロマンチック・・・!






花が咲くのは、九月のあたま。


(嬉しいことに、わたしの誕生日の頃、です。)






日本では、咲いている場所は、少ないそうですが、



いつか、見に行ってみたいものです・・・。






○ ○ ○





「こころ ・ やさしさ ・ やわらかさ」






絵を描いてゆく中で、迷ったときに、



思い出すようにしていることが、あります。



それは、


自分が 生活するときに、なにを大切にしているか、です。





無意識のうちに、絵の基盤にも、なっている気がするからです。









その時々に、感じた うつくしさを、


標本のように、留めておきたい。




だけど、標本を 手に取り 開くとき、



時に ずるく、


むごく感じてしまう ことも、あるかもしれません。







日常と 非日常、


自分と 他者の違いを、はっきりと現してしまうから。







作ること ・ 開示すること ・ 求めること。



矛盾と となり合わせで、悩みながらでも、




生み出したとき、受け取ったとき、


救われる瞬間が、確かに あります。





わたしに 出来ること、を、信じてしまいたい。









目に映る 分の 物語しか、手渡せないけれど、


愛と呼べるものが、つくれますように。







これからも、描いてゆきます。



それでは。