FC2ブログ



こんばんは。




夏の虫が、鳴いています。


夜は、すこし涼しい。







今日会った友達が、「腹巻きを365日している。」と言っていて、衝撃でした。

素晴らしい…。





ぽんぽん大事にしないとね…。







○ ○ ○






お世話になるお店が増えましたので、ご紹介させて下さい。






ポストカード取り扱い店


・lounge room (上越市・山麓線 ウエスタンリバー内)

・八百屋の土田(上越市・東本町)





ポストカード取り扱い&原画常設展示

・空き家BASE(上越市・高土町)


1





6月1日にオープンする、空き家BASEさんにて、


原画 「そのとき」を、常設展示していただきます。







「 空き家 BASE 」は、
ニイガタ県ジョウエツ市にある 1軒の空き家が、地域に開いたソーシャル・コワーキングへと姿を換え、
地域にあるモノ・コト・オトを通して、人と人が有機的につむがれる場所です。

ココには、レンタルオフィス + entry café + ジョウエツでつくられた雑貨と音楽 + イベントスペース
+ すてきなデッキテラスと庭があります。

目の前には、桜の咲く公園があります。

ココには、暮らしを愉しむオトナたちがつどい、そんなオトナたちを愉しそうに見ているコドモたちがいます。
ぜひ、あそびに来てください。



(空き家BASE Facebookより引用)
https://www.facebook.com/groups/1693543760946641/






梁と照明が、素敵な場所です。


オープンしましたら、写真を載せますね。




いらして頂けたら、うれしいです。












○ ○ ○







潜って、つくっている、日々です。


ぶくぶく。





呼吸が浅くなっている気がする、ので、


深く、吸えるように、気をつけています。




くるしいことに、依存しないように。






いたかったり、くるしいこと、

安心してしまうのは、当たり前なのだと思います。



わたしにとっては、ずっと一緒に、いたものだから。




その感情でしか、守ったり、動けなかったものって、きっとあるのだと思う、



けれど、




同じくらいに前から、この場所も、

一緒にいてくれていたんだと、気付きました。





この場所で、



あそんで、戦って、繋がって、わたしになって、

畏怖を知った。







わすれてしまっても、遠ざけてしまっても、


許してくれるから、


あまえてしまうけれど、






大切にしていきたいです。


大切に出来るように、なりたい。






こちらから泳がないと、離れて行ってしまいます。




選んで、そばにいてくれるもの、



いつか、おなじになれるように。
スポンサーサイト


こんにちは。






生み出すことと、壊すこと、



同じ意味を持っている と、感じる今日この頃です。








1










生きづらいと思っていたら、


どうやら、破壊衝動のようでした。







壊せない、



壊したいと思うことすら 許せない、ものが あふれていて、




壊すくらいなら、と、いつも矛先が、自分に向いてしまう気がします。





律して、せっかく守ってきたものを、


ぐちゃぐちゃの、ドロドロに したい




生き残れる、ギリギリのところで守って、


何度でも繰り返して、安心したい。





安心するんです。





(なんで、休日の昼間から、こんなことを書いているのでしょうか。)








大人になるって、完璧になれることだと思っていたのは、


いつまでだったかな。











理由なんて、探すから苦しくなるんです。





届くとか、届かないとか、


そんなことは、関係なくて、





わすれないために、残したい。


何もしなかったら、わすれていって しまうから。



どれだけ、心 動いたこと、でも。







誇張も 湾曲も、出来るだけせずに、受け止めたい。





くるしかったら、緑に 出したっていいから。



こんばんは。



緑、容赦ない季節、




日差しを しのぐ、帽子を時々、わすれてしまいます。



(忘れたら その都度休めばいいのですけれど。)





1





山の緑のなかにいると、本当に、楽です。




なんだか、こちらが本当で、


人間に、擬態をしている気がします。







持っているものを、全部、


いつでも降ろしていいような、そんな気持ちになります。



誰に強制されている訳でも、ほんとうは、ない。






新しく大切なものが増えることで、


今まで大切にしてきたものが、少し うすれてしまう、


それは、当たり前のことなのだと思います。






罪悪感を、感じていたのですが、


降ろしたければ、全部でも、少しだけでも、



いつでも降ろしていいものなんだ、と、




生きるための手綱だった、それよりも大切なものが出来ても、いいんだと、


思ってから、楽になりました。




ずっと大好きなことに、変わりはないのです。








○ ○ ○




完璧な永遠を、求めるよりも、


うつりゆく一瞬が 好きだから、




ここを選んで、居る気がします。






誰のためでも、何のためでもない、



ただただ、うつくしいと感じるものに、ふれていたい。





許されている、あいだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。