FC2ブログ

  • Day:2017.01.26 22:19
  • Cat:水彩

こんにちは。



(すべりこみ新年…。今年も、よろしくお願いします。)







寒い日が続いていますが、いかが、お過ごしでしょうか。





上越は、除雪車が大活躍…。とても、さむいです。






日中は、日が差すことも多く、あたたかい日もあるのですが、


夜になると、ぐっと気温が下がり…。







冬を、かみしめ、かみしめ、暮らしています。





(冬は、やっかいですが、雪道の中を、わざわざ長靴で散歩するのは、たのしかったり…。

身体が、よろこんでいる気がします。)







○ ○ ○





いま、空のシリーズの絵を、描いています。






1







2





わたしの住んでいるところは、土地柄、四季がはっきりしているので、




空も、春夏秋冬、いろいろな色を見せてくれます。







山あいなので、穏やかな色が多いのですが、




以前住んでいた、海沿いの場所は、反対に、おそろしいほど鮮やかだったり…。







雲一枚、隔てた光、のはずなのに、



場所によって、時間によって、こんなにも違う、







いつ見ても、あたらしいうつくしさ、ばかりです。








絵として仕上げるのではなく、空を仰いで、そうっと、色を見つけ出すときのように、



想いながら、描いています。








○ ○ ○






冒頭の話に、戻るのですが、



冬が運ばれてくる、道を歩くとき、





それが困難だからといって、


むりに嫌いになったり、好きになったりする必要は、ないのだな、と思ったのでした。







好きでも、嫌いでも、



やってくる変化は、うつり巡るために、あるのだとしたら、






好きなものは、好きなまま、




嫌いなものは、嫌いなまま、でいた方が、





水面(みなも)の、流れに乗りやすい気がしています。







逃げることをやめる、厳しさと、




笑うことをゆるす、やわらかさと、







どちらも必要ですが、ふゆには、




やわっこさ、あたたかさ、多めで、いきましょう。







それでは。
スポンサーサイト