FC2ブログ

  • Day:2016.09.10 20:32
  • Cat:水彩


こんにちは。

とてもお久しぶりです。芙蓉あかねです。


8か月ぶり・・・?ご無沙汰でした。






絵のお休み期間に入ってまして、模索などしていました。


前回とかのブログを読むと、久しぶりすぎて、別の人が書いたかのよう・・・。



言ってることは、さほど変わらないと思いますが、遠い心地です。







○ ○ ○




何年かに一度、絵と自分との在り方を見つめ直すために、描くのをお休みしています。




一番、自分の深いところまで行けるのが、絵なのですが、

普段混じり合っている分、見えないこともあり、



離れることで、見つけられること・確認できることが、あるようです。







○ ○ ○








今までは、絵を描くために生きていました。

今、生きるために絵を描いています。





絵があれば、日常がどんなに混雑としていても倖せだったのですが、

どうも、それだけじゃ、幸せになれなくなってしまったのでした。





自分でかけた重荷を、自分で外し、

日常生活を整え、

一つしかない、借りものの身体を整え、

心を落ち着かせ、




そんな感じで、再出発です。





○ ○ ○







何が正しいのか分からない世の中、

自分が描く意味を、ずっと考えてきました。




祈りすら、暴力と紙一重です。


わたしに出来る事は、なんでしょう。





芸術は平等で、ありたい。



なにを祈る人にも、

なにと戦う人にも。



でも、作者は仏にはなれません。

自分で感じたこと、自分の思うことを描くことしか、出来ないみたいです。





何が正しいのかを考えると、きりがありません。


でも、一人一人が、最良の状態で在れるように、

祈ることなら、出来るから。







全部、祈るためなのでした。




幸せになるのも、


自分を、だれかを許すのも。


祈る余裕をつくるためにも、私は、幸せになっていいのです。




私にとっての祈りは、

絵で、歌で、言葉です。



それらで、体現しつづける事です。







ちいさなことしか、出来ません。


それでも、一人分のちからで、今日も祈っています。








ame






「雨の日の、山」 

(透明水彩)


スポンサーサイト