FC2ブログ




33



個展のDM、出来ました。




芙蓉あかね 個展
「すべては満たせないけれど」

8月3日(月)~16日(日)
アークオアシスデザイン上越 2Fギャラリーにて
9:00~19:30(最終日18:00まで)



初日と最終日は、一日在廊しています。
他の在廊日は未定ですが、土日の午後は居る予定です。






DMの原画も、展示します。


ハッチングという、カッターでガリガリ削る技法を使ったので、凹凸のある絵です。



透明水彩2割・コンテ8割くらい。

パステルの中でも一番固い、チョークみたいなものを使っています。(パステルより、コンテと呼びたい…。)



透明水彩で、にじみの模様を描き、乾いてから、カッターで線をぐるぐる。

コンテの粉をこすりつけ、カッターの線の模様と、粉だけのぼかしをつけたら、ハッチング。ガリガリ。


粉をこするのと、ハッチングを繰り返したら、ボールペンで字を書いて、完成。




儚さと、ボリュームと、両方ある感じになりました。




個展にいらっしゃった方は、是非一枚、DMをお持ち帰りください^ ^。






○ ○ ○



あと一週間ちょっと。


たのしいことと、嬉しいことと、やさしいことを、意識してやろう。

心持ち次第、なのだから。




まいにち夕日が綺麗なのが、嬉しい。
スポンサーサイト

  • Day:2015.07.18 23:20
  • Cat:水彩
いとおしい


「いとおしい」






「もう探さなくていい」

「もう迷わなくていい」

だけど、あきらめたくない。


なにをって、生きることをだよ。






○ ○ ○



少し前に描いた「夏」に、加筆して、上下をひっくり返しました。


2





いとおしい




透明水彩&アクリルガッシュ。


金と銀のガッシュを使ったので、原画はキラキラしています。

個展に持っていくので、是非見てみてください。光に当たって、キラキラに見えます。




透明水彩は、紙の余白を活かした滲みが綺麗ですが、

今回は、余白よりも、濁りをテーマに描きました。



自分の中で、暗黙のタブーとしていたのですが、(透明水彩は、一度濁ると修正がむずかしいので。)

重ねて重ねて、どんどん濁らせ、これ以上乗せられない、となっても、ホワイトでぼかして光らせて・・・、と、


なんのこっちゃ、という感じですが、

そんな感じで描きました。







○ ○ ○




つくづく、というか、 ことごとく、というか、

でも鞭打つと、どうせぶっ倒れるので、無理はしないよ。



「いとおしい」と描いておきながら、何がいとおしいのか、描き上げた今もよくわかっていない。

でも、なにかに対して、慈しむ、ほど寛大になれないから、いとおしい。






ふと気づけば、個展まで、あと2週間…。



はわー。






しあわせになりたい、と思ったなら、


思った瞬間からもう、しあわせになっていいんだ。


w2


【イベントのお知らせ】


・9月5日(土)  

・新潟市 うちのカフェ イロハニ堂にて
〒950-2112 新潟県新潟市内野町431-2 
(1階が「ツルハシブックス」という本屋さん、2階にあるカフェです。靴を脱いでのご利用となります。 )

・17時30分開場・18時開演~20時30分終演予定 (途中休憩15分あり)

・ 料金:大人 1500円 高校生以下 1000円 (ドリンク・クッキー付き)
  

・定員:先着20名

申し込み先:025-377-6728(坂場孝子)
メール yukinekokko@gmail.comまで、参加希望人数をご連絡ください。



※料金は当日受付にてお支払いください。
※会場に駐車場はございませんのでご注意ください。


○ ○ ○




大好きな友人と、イベントを開催します^ ^

ライブペイント&ピアノ演奏!


新潟市でピアノ講師を務めていらっしゃる、坂場孝子さんの演奏に合わせて、キャンパスに絵を描きます。
(孝子さんのピアノ教室HP  http://nekomaru121.jimdo.com/


テーマは「月とひかり」。
そっと優しく夜に浮かぶ月のように。
そこかしこに散らばるひかりのように。


孝子さんの演奏されている動画を拝見して、胸ドッキュン。
熱烈ラブコールをさせていただき、今回の企画となりました!


「月とひかり」、そして夜に開催ということで、しっとりとした曲が多めです。
(だけど、わたしはいつものごとく、高速で描きまくると思います…!笑)

会場のイロハニ堂さんも、思い出が詰まった、大好きな場所。(メニューは、何をいただいても、おいしい…!)

特別なものが、生まれる予感しかしない…!今から、とても楽しみです。




そして、イベント告知用の絵は、

w2



絵とピアノ、2人とも手から生み出すものなので、そんなイメージと、
音符、ひかり、やさしさと、月。

(月がテーマの絵は、いつも、満月みたいなまんまる頭の女の子を描きたくなってしまいます…!)


透明水彩で描いたのですが、鉛筆の線画はすべて描かず、色で、空間と境目をまぜました。
鉛筆で線を入れての水彩画は、とても久しぶり…。試行錯誤ですが、ぴっちり描けて、楽しいなぁ…!



ラフは、こちら。


w1

(めっちゃ、マリー…笑)

w2

年とりましたね 笑


こちらの原画は、イベント当日と、8月の個展でも展示いたします。
(原画だと、黄色がもうちょっと淡いです。是非、生で見ていただきたいです…!)





イベントでは、その他の原画展示・ポストカードの販売も、行います。
是非、いらしてください~!

(お申し込みは、先着順となります。満員になりましたら、ブログにてお知らせいたします!)





○ ○ ○




夏ですね。

あわただしさの、中に居ます。


岐路に立っているようで、でもいつも、毎日の積み重ね。




まよって悩んで、気づいて、答えが出たのなら、”それ”に、遅すぎることはないと思う。

たとえ間に合わなかった、と思っても、

自分のなかでは、それくらいの時間をかけて見つめることが必要で、
気づかなかった、分からなかった、見ないようにしていた、その時間さえも、必要だったんだと思う。


なるべくして、そのタイミングで、起きたこと。
(答え、なんて確かな言葉じゃなくて、はじめはいつだって、もっと、あやふやなものだけれど。)




あるはずのないものを、不確かなものの端っこを、信じて、つかんで、

形にすることが絵だから、


わからないものに心を注ぐことに、不確かな道でも怖がらないことに、少しずつ慣れてきている。

よかった。




何を選んでも、変わっていくもの、変わらないもの、両方あるけれど、

やさしいものは、いつもの場所で、あなたを静かに守っている。



だからきっと大丈夫。


2


(ずっと大切なものたち。)




【告知の告知】

○高田世界館・常設展示の絵

6月末に展示予定とお知らせしました、宮崎らんちゃんと共作の、高田世界館の絵。
7月2日現在、目下制作中です…> <!

完成・展示の日取りが決まりましたら、またこちらでお知らせいたします。
よい絵に仕上がっていますので、もう少し、お待ちください!



○秋のイベント告知

秋に新潟で、イベントを行います~。大好きな友人と一緒に!
7月10日(金)に、ブログ・SNSに告知を掲載します。

会場の収容人数の関係から、チケット申し込みは、先着25名様となっております。
(夕方~夜ごろの告知になると思います。)

今からとっても楽しみ、大好きな場所でのイベントです。
お楽しみに´ ▽`





○ ○ ○




ただなかの中にいます。


あたたかい絵ばかり描いているので、絵に助けられています。


中にいるときは、なかなか俯瞰して見れないけれど、飛び出して見るように心がけています。



去年精を出した、体質改善の成果として、
一つのことにのめり込んでいる時、そのものの本質と、自分自身の本質の、違いをごまかしていないか、確認できるようになりました。


理想とか、意地とか、それにこだわっているのは、本当は別の願いを叶えたいからじゃないか、とか。

根本的な克服すべきことから、いつのまにか目をそむけて、
それを手に入れることで、実行することで、達成できると思い込んでいるんじゃないか、とか。

人への情を、理由にしていないか、とか。




むつかしいことばかり、ですね。


でも、根本にあるのはシンプルだと、気づいてばかり、ですね。




愛することが、とても好き。

愛情をいくら求めたって満たされないけれど、愛している瞬間は、信じられない程、満たされている。

こころのままに生きることが好き。こころを解放するのが好き。


自分の手で、足で、しあわせになりたくて、

大切だと思う人を、ものを、しあわせにしたい。




自分が大切だと思う感覚を、大切にするのは心地良いけど、そして時々苦しいけれど、

わたしにとって、どんなに重要なことでも、他人、と呼ばれる人からしたら、全部他人事。


自分を大切にできるようになるほど、ふえていくものが、削れていくものが、

あらがうことが無意味だと早々にわかってしまって、


その感覚を疑うことは、できないんだ、今ここにいるわたしには、と思ってしまうから、つらい。



このあいだ、大切な人に、

「いいから、そのまま登れ、登ったぶん、風当たりは強くなるよ。このままでいようよって、足を引っ張るものも、きっといるよ。
でも、行きたいんでしょ。登った先にある、あたらしい場所で、出会うべきものに出会いたいんでしょ。」


と言われて、このことか、と実感しています。


実感しているけど、身軽になった気がする。だから大丈夫。


絵があるから、どんな、ただなかにいるときでも、生きていけてしまう。




身勝手といわれるかも。ごめんね。