FC2ブログ

金谷フェスについてお知らせ


こんにちは。

暑い日が、続いていますね。



先日お知らせした、

7月29日「金谷フェス」ポストカード出店の件ですが、


この暑さのためか、耳の調子が少し悪くなってしまい、

賑やかなところへ行けないため、

今回は、出店を辞退させていただくことと、なりました。




少しずつ回復しているので、そのうちに治るとはおもうのですが、大事を取らせていただきます。

ポストカードの出店を、お待ち頂いていた方がいらっしゃいましたら、すみません。。



わたしは参加できませんが、イベントはきっと楽しいですので、

ご興味のある方は、是非足を運んでみてください~。




それでは。

暑いなかですが、皆さまも無理をせず、お身体ご自愛ください~。
スポンサーサイト

「和彩処 旬」周年祭と 金谷フェス


こんばんは。


蝉が、鳴いている・・・!




夏が、やってきましたね・・・!






暑い日が続いていますが、



扇風機とクーラーと、無理せず お友達になってくださいね・・・!



そして、西日本の大雨で 被害にあわれた皆さまが、

すこしでも 涼しい夏を、過ごせますように・・・。







○ ○ ○





6月30日まで 行っていた、「和彩処 旬」周年祭での展示、


無事に、終了しました。





お越しいただいた方、


お店に行ったら 偶然見れちゃったよという方、


気持ちを寄せて くださった方、


旬の皆さま、




ありがとうございました!







今回は、お店での展示のため、


個展のように、お客さまから 絵の感想を頂く機会などは、なかったのですが、




会期中、ランチに伺った際に、


絵が お店の雰囲気に、溶け込んでいるのを 見ることができて、とても嬉しかったです。





ポストカードも、販売していただきまして、

直接お礼を お伝え出来ませんでしたが、購入してくださった方、ありがとうございました!





旬さんでは、引き続き、ポストカードを 置いていただけることになりました。



原画 「5月14日」



1



も、常設で展示していただきます。




お店にお立ち寄りの際、ちらっと見ていただけましたら、嬉しいです。


(お食事の席に、すこしでも華を添えられますように・・・。)





あらためて、和彩処 旬の皆さま、素敵な機会をありがとうございました!







○ ○ ○




そして、イベント出店のお知らせです~。




今月29日に行われる、金谷フェスにて、ポストカードを販売します。



1





「金谷フェス」




7月29日(日)


9:30~16:30


金谷山公園内 BMX場にて


金谷フェス Face book
https://www.facebook.com/kanayafest/




当日は、BMXの大会のほか、


音楽ライブや、飲食・アートのお店が出店されるそうです。




BMXが どんなものなのか、恥ずかしながら、わたしは まったく分からないのですが、


なにやら楽しい一日に、なりそうなイベントです。






また、今までイベントで出店する際に、お店の屋号が なかったのですが、


今回から、「夕芙堂」(せきはすどう)


として、活動することに しました。




読みなれない名前ですが、わかりやすいかなー、と。


よろしくお願いします。





最近、いままで関わることのなかった 世界にある、うつくしさにも、


触れたいな、と思っています。



知らなかっただけで、きっと、あるはずだから。


垣根・境目を、どんどん曖昧にしていきたいです。





そんなこんなで、29日、



BMX好きよ、という方も、


よく分からないけれど、夏の好奇心に 身を任せてみたいわ、という方も、





お待ちしております!






それでは。

「和彩処 旬」 周年祭


こんばんは。


すっかり、日が伸びてきましたね。




青のグラデーションが、長くつづくので、


カーテンを開けたまま、いつまでも眺めてしまいます。







○ ○ ○




和彩処「旬」さん 周年祭での展示、はじまりました~。





1







2







3





たくさん飾らせていただきました^ ^


(展示の詳細は、こちらの記事をご覧ください。http://fuyouakane.blog.fc2.com/blog-entry-121.html





今回の新作、「 I によせて」




4






友人の踊り「 I 」が、とても素敵だったので、絵に描きました。




羽根のようだった、彼女の水色の衣装と、内なる強さと愛。




おもったより難産だったので、今回は、新作は一枚のみ、となりました。





思い入れのある一枚、是非、見に来て頂けたらうれしいです。


(4月のライブペイントで描いた、「重ね 出逢う」も、展示して頂いています~。)








「旬」さんは、13周年とのことです。おめでとうございます・・・!



周年祭の期間中は、昼の部・夜の部ともに、


限定メニューや、サービスなど、ご用意していらっしゃるそうです。




お食事時、是非、足を運んでみてください~。


(わたしも、ランチをいただきに行きたいと思っています・・・!)




それでは。

「和彩処 旬」 周年祭


こんばんは。



雨の降る日が、すこしづつ、多くなっててきましたね。






梅雨とも、夏ともつかない日、



薄い暑さのなかで、昼間から月が出ていると、


なんとなく、ぼうっと見入ってしまいます。






○ ○ ○






来月、上越の和食屋さん、


「和彩処 旬」さんの周年祭にて、絵を展示させていただきます。








「和彩処 旬」 周年祭



・6月17日(日)~30日(土)



・営業時間
 
 昼 11:30~14:00 (ラストオーダー 13:30)

 夜 18:00~22:00 (ラストオーダー 21:30)



・上越市南本町2丁目14-23

 ℡ 025-526-1888



HP http://www.wasaidokoro-shun.com/

Face book https://www.facebook.com/359146440783742/photos/a.701057279925988.1073741830.359146440783742/1957731574258546/?type=3&theater



・周年祭は17日(日)からですが、

 絵の展示は、ひと足早い15日(金)18:00からと、なります。


・24日(日)は、休業日です。






○ ○ ○





今年で、開店から13年目を迎えられるとのことです。おめでとうございます!


大切な周年祭に、彩りを添えられますように・・・!





地元の旬の食材を使った、おいしいお食事と、

お酒も、いろいろな種類が、愉しめるみたいです・・・!



(わたしは、お酒が飲めないので、お昼にしかお邪魔したことがないのですが、

あたたかな雰囲気で、とても美味しいお食事でした・・・!)






4月のライブペイントで描いた、「重ね 出逢う」ほか、


新作も数枚、展示していただきます。





期間中、わたしは在席出来ませんが、


おいしいお食事を愉しみに、是非、足を運んでみてください・・・!





それでは。

「花 迎える日に」 のこと



こんばんは。




田んぼの水鏡が、うつくしい季節に、なりましたね。



山々や、日の光が映る姿に、足を止めては、ついつい見入ってしまいます・・・。



おいしいお米を、作ってくださる農家さん、いつもありがとうございます・・・!








○ ○ ○








すっかり遅くなってしまいましたが、


個展&ライブペイント「花 迎える日に」 先月、無事に終了しました。





お越しいただいた方、気持ちを寄せてくださった方、


きものの小川の皆さん、ありがとうございました!









1








2








3








5








きものの小川さん二階の、和室ギャラリーにて、展示をさせて頂きました。





黒い砂壁の床の間や、金屏風、しっくいの壁など、



普段とは違った空間で、貴重なひとときと、なりました・・・。







ライブペイントの絵は、こちら。





6 2




「重ね 出逢う」






春の歌を歌ったり、


菜々さんの二胡との、コラボライブも交えたりしながら、描きました。





自分で歌を歌いながらでの、ライブペイントでは、


歌よりも、絵のほうに、識が集中してしまうのですが、




今回、せっかくのコラボライブなので、


菜々さんの音に、身体全部をゆだねながら、描きました。





次に腕がどう動くのか、自分でも分からない、


耳と腕が、直結した時間。




二胡は中国の楽器なので、


楽曲も、中国のものを、いくつか演奏して頂いたのですが、



普段使うことのない、スモーキーな色を使ったり、

(わたしのなかの、中国の曲のイメージ・・・。メロディーラインとか・・・。)



リズムの動きそのままに、筆のタッチも動いたりと、





なんだか新しい回路を、開いてもらったような心地でした。






二胡は、弓が馬の毛、楽器の身体は木で出来ているそうです。


どこか哀愁を帯びた音色は、馬の鳴き声のようで、


それでいて、木のあたたかさも、あって・・・。



二胡の音と、和室の雰囲気とが相成った、オレンジ色の絵に、なりました。






絵を描くときに、


下地から順に、色を重ねていく過程と、


お着物を着るとき、


襦袢など、見えないけれど必要なものを重ねていく過程が、


似ているなぁと思ったり、






いま目の前にあるものは、


いろいろな、時間や想いを重ねてきたから、出逢えたんだということを、



思ったりして、そんな、


「重ね 出逢う」です。









○ ○ ○





来月、上越市内にて、絵の展示の機会をいただきました。



是非、見に来ていただけたら嬉しいです。






詳細は、もう少ししたら、載せますね・・・!



それでは。